Homenavi おおいた

好評発売中!
表紙
書店コンビニにて毎月1日発売 100円

[PR]


引っ越しマニュアル 引っ越し準備の3大ポイント
3大ポイントチェックリスト荷造りのコツ (1)荷造りのコツ (2)


 

引っ越しには、事業資格のある緑ナンバーの営業用トラックを利用しましょう。
引っ越し先までの道路事情が複雑なときや、人手の足りないときでも安心です。

運送事業者へは遅くとも10日ぐらい前までには申し込んでおきましょう。
また、簡単なチェックリストを作成し、作業の工程順に、準備や手配が終わったか「しるし」をつけておくと、スムーズな引っ越しができます。


 

運送事業者へ見積依頼するときは、荷物の梱包、搬出、搬入などの作業費の他に、引っ越し日時や転居先の住所、トラックの駐車スペースなども打ち合わせをしておきしましょう。

請求書の額は、見積額を上回らないことが原則です。ただし、利用者の都合で荷物の個数が増えたり、引っ越し日を平日から休日へ振り返る等、サービスの追加、変更の場合には、費用が加算されます。又、動植物や貴重品は引受けない業者もあります。


 

引っ越しは、毎年3月の中旬から4月の初旬に集中します。できれば、土曜日・日曜日を避け、ピーク前の3月中旬までの平日にすませましょう。

かしこい引っ越しのポイントは、運送事業者に対して自分が「何をどう頼むのか」そして「それはいくらかかるのか」をきちんと認識しておくことが大切です

 

 

引っ越しには、いろいろな準備と時間が必要です。混乱しないように簡単なチェックリストを作成しましょう。作業の終わった工程順に、「しるし」をつけていくと、スムーズに引っ越しプランが進みます。

引っ越し当日のトラブルを防ぐために、転居先の前までトラックが横づけできるかどうか、道路側や一方通行、搬出入口などの立地条件を確認しておきましょう。

電気のサイクル数は西日本60Hz、東日本50Hzとなります。周波数に合った器具を使用しないと、トラブルの原因となります。最寄りの電機店にご相談し、調整や部品交換を行ってください。

 

Copyright(C)2008 Homenavi. All Rights Reserved.